お問い合わせ

庭咲桜(にわざくら)

    ~海老名の庭オフィス~

代表 中 谷 徹

〒243-0402 海老名市柏ヶ谷543

TEL/FAX 046-233-2546  

庭園デザイン設計・施工・管理

(個人邸・店舗・オフィス・寺院などの緑地空間づくり)

現地調査・設計・見積すべて無料!お問合わせフォームよりお気軽にご連絡下さい!お電話の場合は、日中現場のため留守がちなので留守電にメッセージをお願い致します。

営業受付 9:00~19:00迄

プロフィール

中谷 徹(なかやとおる)

庭咲桜代表、46歳、1児の父親!庭師として日々精進中! 東京農業大学農学部造園学科にて近藤三雄教授のもとで造園学を学び、卒業後は横浜市内の造園会社に就職。監理技術者(造園)として、公共・民間工事(造園・土木・外構等)など数多くの経験を積む。

平成18年:海老名にて、庭咲桜(にわざくら)を設立する。

平成29年:NPO湘南ランドスケープネットワーク設立(代表)

取得資格 1級造園施工管理技士

       1級造園技能士            

     2級土木施工管理技士

     自然再生士

好きな樹木 ヤマモミジ

      ヨウコウザクラ

好きな草花 ハス、スイレン

好きな食べ物 カレーライス、寿司

得意料理 ナポリタンスパゲッティ

好きなミュージシャン

     MISIA、下町兄弟

     ザ・クロマニヨンズ      

リンク先

木柵・デッキ

木柵(I邸)

もともとカイズカイブキの生垣で、あまりにもみっともない状況だったため木柵としてつくり直すことに。使用材料はセランガンバツの板材と基礎石180Sです。やはり天然木材なので仕上がりはとても温かみあり、和洋問わずつくれそうです。

その他画像

 

木柵(K邸)

スタイリッシュな建物には和モダンな感じの外観が良く似合う。目隠しフェンスはセランガンバツの板材を横張りにしてつくってみました。また、玄関前の門塀もセランガンバツの板材でつくってみました。天然木材はやはり温かい感じがしていいもんです。

その他画像

木柵(S邸)

木柵としては簡易型で、高さを低くすることで圧迫感が出ないようこころがけてみました。材料はサ-モウッド材を使用、横板の隙間をつくることで心地よい風が通り抜けるように工夫してみました。

その他画像

 

 

デッキ(K邸)

K様のイメージに基づいて和モダンな感じのデッキをつくってみました。ビスを使用せず、釘の平皿面がデッキ上にあえて見えるように打ち込むことで和モダンの感じを演出!幅広い床板は節ありでオイルステインを塗り木目が消えないように心掛けました。休日はデッキの上でお茶を飲みながらゴロゴロするのもいいかもしれません。

その他画像